製品資料

株式会社サンブリッジ

「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る?

名刺をSFA/CRMツールと連携させると、営業・マーケティング活動はどう変わるのか。「Salesforce」に特化した名刺管理サービスを活用して「売れる仕組み」を作る方法を紹介する。

要約

 営業やマーケティングにおける名刺の重要性は多くの企業で認識されており、その活用のための名刺管理サービスの導入も進みつつある。しかし、その実態は単なる管理にとどまっており、営業活動に生かしきれていないケースも多い。

 この課題を解消するには、SFA/CRM内での顧客データ連携と活用が鍵になる。取り込んだ名刺データが自動的に「Salesforce」のデータベースに登録され、変更点があれば自動更新することで、取引先の最新情報の共有や、コンタクトが容易になり、営業活動をシンプルにできる。

 加えて、名刺管理サービス側でなく、Salesforce側にデータを一元管理すれば、情報システム部門の負担軽減にもつながる。本コンテンツでは、Salesforceに特化した名刺管理サービスが、「売れる仕組み」を作る上で、どのような効果を発揮するのかを分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社サンブリッジ」に収集される
  • 「株式会社サンブリッジ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社サンブリッジ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間15ページ
ファイルサイズ4.35 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け