比較資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ

セキュリティ対策で最も難しいのが「費用対効果」の正確な把握だ。対策は必要だがその投資は無制限ではない。組織の規模に見合ったセキュリティ対策を図解しよう。

要約

 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」という判断を下すケースも少なくない。

 しかし、現実問題として、サイバー攻撃手法の進化によって「ウイルス対策だけ」「ファイアウォールだけ」という単独ツールでシステムを守ることは不可能になり、不正侵入の検知、Webアプリの防御、サイバー攻撃のリアルタイム監視など、複数のツールを用いる「多層防御」が必要になっている。一方で、導入するセキュリティ対策によっては、多大なコストと労力を要するのに、大規模組織でないと導入効果が得られないケースも少なくない。

 それでは、限られた予算の中で、強固な多層防御を構築するには、どのような製品を組み合わせるのがベストだろうか。本コンテンツでは、「費用対効果」のグラフを用いて、セキュリティ製品への投資に対する大きな誤解を明らかにする。セキュリティ強度と投資額の関係を理解することで、組織の規模に見合った適切な多層防御が構築できるはずだ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/11
フォーマットPDF
種類比較資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ907 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け