製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

7つのチェックで安心・納得、IPS(不正侵入防御システム)導入

サイバー攻撃の脅威が増大し、手口も悪質化している。貴重な情報資産を守るには、既存のセキュリティ対策では力不足だ。有効な対策として知られる「IPS」だが、導入を検討する際には、通信遅延の懸念など確認しておくべきことは多い。それでは、気になる主要な7つの点について解説しよう。

要約

 企業や組織のサイトや内部データを狙うサイバー攻撃。その脅威は年々高度化し、これまでのアンチウイルスやファイアウォールなどでは十分な安全を保てなくなっている。有効な対策の1つとなるのが、IPS(不正侵入防御システム)だ。

 ネットワーク上の全通信を監視し、正常な通信の中に紛れ込んだ不正通信を検知することで、脅威の侵入を防ぐ。しかしその仕組み上、通信遅延の懸念や、万が一のトラブル時にネットワークが完全遮断されるのではないか、などと不安も多く聞く。

 こうした導入を検討する上での懸念を抱く企業に対して、IPSの気になる7つのポイントをチェックした資料を紹介する。IPSへの理解を得ることで、活用も進むだろう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/06
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ264 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け