Webキャスト

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには?

「Amazon Web Services(AWS)」「Slack」などのクロスドメインプラットフォームのメリットを最大限に引き出すためには、ネットワークの運用や障害対応などの自動化が欠かせない。そこで、今注目されている新たな自動化の手法を紹介する。

要約

 「Amazon Web Services(AWS)」や「Slack」「GitHub」といったクロスドメインのプラットフォームは、いまやビジネスに欠かせないものとなっている。しかし、旧来の自動化されていないネットワークや、IT業務との連係に課題を抱えたプロセスが、これらのサービスから敏しょう性を奪っている。

 もちろん、1つのドメインだけを自動化しても、この課題を解決することはできない。マルチベンダー化が進んだ現在のネットワーク環境で、インフラ運用を効率化するためには、関連する全てのドメインや機能を連動させて自動化することが欠かせないからだ。

 それでは、このようなクロスドメイン型のネットワーク環境で、ライフサイクル全体を自動化するためにはどのような方法が考えられるだろうか。本コンテンツでは、ネットワークの運用や障害対応などを自動化するアプローチとして、今注目されている手法を分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間2分52秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け