技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは?

レガシーシステムの更改方法は大きく3つあり、いずれも一長一短ある手法だ。実は「最も成功する確率が高い選択肢」が存在するのをご存じだろうか? レガシーマイグレーションの「失敗しない選択肢」と「次の一手」を紹介する。

要約

 昨今、レガシーシステムを見直す機運が高まっている。ベテラン技術者の退職や管理されていない仕様書によりシステムのブラックボックス化が進行し、プログラムの保守性や開発生産性の著しい低下など、多くの企業が抱える課題はほぼ共通だ。

 しかし、いざ、マイグレーションに取り掛かってみたものの、プロジェクトコストが予想を大きく上回ったり、プロジェクトが長期化したり、最悪の場合、システムが動かずに中止になってしまうケースも実は少なくない。

 レガシーシステムの更改方法は大きく3つある

1.言語やプログラムロジックは変えずにプラットフォームだけ変更
2.言語やプラットフォームだけ変更
3.基本的に全て作り直す方法

 いずれも一長一短ある手法だが、コスト面、期間面、リスク面を含めて「最も成功する確率が高い選択肢」が実は存在するのをご存じだろうか? 数々の大規模システムレガシー脱却を成功に導いてきた実績とノウハウを持つIBMが自信を持って提案する、「失敗しない選択肢」と「次の一手」を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 現在、国産メインフレームを利用されていますか?(必須)
Q2. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q6. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.64 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け