製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢

SAPのERPもIT基盤のグローバル化や効率化が進む中でクラウドでの利用が広がっているが、移行時の課題やクラウド固有の制約もあり、慎重な検討が求められる。ここでは、3つの選択肢と、自社のニーズに合わせてどう選べばよいかを説明する。

要約

 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう。

 そこで、SAPではクラウドで利用する際の選択肢として、SAP自身が提供するクラウドERPサービスに加え、パートナー企業が提供するクラウド基盤上にSAPアプリケーションを搭載する形態も提供している。前者は、SAP独自の高速インメモリデータベース「SAP HANA」をベースにしていて、後者はPaaS型とIaaS型で提供される。

 PaaS型では、ユーザー企業の希望に合わせたSAPアプリケーションをマネージドに提供し、その運用管理までサポートする。IaaS型では、ベアメタルサーバ上でSAPシステムを構成するため、実質的には占有で利用できる。本コンテンツでは、これら3つの選択肢をどう選べばよいかを説明する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.32 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け