製品資料

SAS Institute Japan株式会社

膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法

業務システム内の従来型データであれ、Hadoopクラスタ内のビッグデータであれ、データはあらゆる企業・組織が保有する重要な資産である。煩雑かつ膨大な生データを単一のプラットフォームで「使えるビジネス資産」へ変換する方法を紹介しよう。

要約

 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報、仕入先情報、業務イベントなどのさまざまなタイプのデータは、適切に管理しなければいとも簡単に「雑音」となってしまう。

 さらに、「Oracle Database」や「Microsoft SQL Server」といった従来型のデータソースとは特長や利用目的が異なるHadoopのような新しいデータソースが登場してきたことで、IT環境はますます複雑化し、データに関わる課題のハードルは高くなっている。

 本コンテンツでは、こうした状況を体系的に整理した上で、データのアクセス、品質管理、統合、ガバナンスに関する全機能を単一のプラットフォーム上で利用できる「SAS Data Management」の機能詳細を解説する。情報の維持管理に費やす時間を減らし、ビジネス運営により多くの時間を割きたいと考える担当者にぜひ読んでほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ474 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け