技術文書

SAS Institute Japan株式会社

BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり

大多数の企業や組織が採用している「Microsoft Office」とBIソリューションの連携は、情報共有と意思決定の強化という観点から重要である。その一方で、BIやアナリティクスをさらに生かそうとしている企業の多くが、この連携に課題を感じている。

要約

 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている「Microsoft Office」との連携だ。

 一般のビジネスユーザーは、BIツールから得た結果を「Microsoft Outlook」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」「Microsoft Word」「Microsoft SharePoint」などを使って共有する形で意思決定したいと考えている。しかし、BIツールによってはこうした連携がうまくできないケースもある。ユーザーが求めるのはシームレスな連携であり、習熟するのに時間がかかったり、難しい操作を要するものではない。

 本ホワイトペーパーは、BIツールとMicrosoft Officeとの統合がもたらすメリットや、統合による業務スタイルの変革などについて解説している。取り上げている業務例も、作成したレポートをMicrosoft Excelにエクスポートして公開用サーバにアップロードしたり、リンクや添付ファイルとしてMicrosoft Outlookで送信したりする方法まで幅広い範囲を扱っている。意思決定の改善を図るためのBIツールとMicrosoft Officeの連携効果について、詳しく見ていこう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ3.42 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け