技術文書

SAS Institute Japan株式会社

IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

IoTを有効に活用するには、センサー機器から絶え間なく流れてくる膨大なデータ(データストリーム)をリアルタイムに分析することが欠かせない。例えば、製造現場ではリアルタイム分析により、異常検知から問題解決まで速やかに対応できるといった効果が期待できる。

要約

 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重要となってくる。リアルタイムで膨大な情報を分析することが、迅速な問題解決や適切な対処につながるからだ。

 例えば、24時間稼働する製造現場でセンサーが異常を検知した際、データ保存後に分析を開始するのでは手遅れとなることもあるが、リアルタイムで分析できれば即座の対応が可能となる。これにより生産ラインの遅延は大幅に縮小されるだろう。

 本ホワイトペーパーでは、こうしたデータストリームの活用について解説している。ビジネス機会の損失を防ぐためにも、重要性が増していくデータストリーム分析について、今から理解を深めて対策を進めることが重要だ。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.37 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け