技術文書

SAS Institute Japan株式会社

データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで

今やビジネスの現場では、身近な売り上げデータから何十億件ものセンサーデータまで、データの活用が当たり前となっている。こうしたデータ分析の結果を速やかにビジネスに生かす「データ分析結果の視覚化(ビジュアライゼーション)」について解説する。

要約

 多くの企業がデータ分析を活用するようになった現在、分析サイクルを短縮し、レポート作成頻度を高めることで、分析結果の活用をさらに推し進めようとしている。利用できるデータが素早く分析できれば、より多くの選択肢を得て、適切な意思決定ができるようになるからだ。

 しかし、そのためにはデータ分析の専門家ではない業務部門ユーザーでも、分析結果を活用できるようにしなくてはならない。そこで、「分析結果の視覚化」が重要となる。さらに活用を促すのであれば、分析結果をWebやモバイルツールなどでいつでもどこでも閲覧できる仕組みを整えることも有効だ。

 本ホワイトペーパーは、データ分析におけるビジュアライゼーションのメリットについて解説している。自動チャート作成や素早いデータ探索などデータ視覚化の方法についても具体的に解説しており、これからのビッグデータ分析基盤に欠かせない要件が示されている。データ分析の基礎からビッグデータの視覚化処理まで、ビジュアライゼーションに関するガイドブックとして、分析を業務に生かしたいと考える担当者には必携の内容となっている。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間22ページ
ファイルサイズ2.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け