製品資料

SAS Institute Japan株式会社

Hadoopを業務部門でも活用、専門家でなくても扱えるデータ統合管理ツール

これまではHadoopを業務部門のユーザーが活用するためには、専門家の助けを必要としていた。しかし、Hadoopの機能を簡単に利用できる「ビッグデータ統合管理ツール」が登場したことで、この状況は大きく変わりつつある。

要約

 ビッグデータを高速に処理できる「Hadoop」の導入企業が増える一方で、そのデータの管理や分析のスキル不足に悩む企業も少なくない。Hadoop環境ではコーディングスキルが要求される場面が多く、業務部門などの一般ユーザーが活用するにはハードルが高いのだ。

 そこで、スキルに関係なく幅広いユーザーがHadoop上のデータを活用できるようにする「ビッグデータ統合管理ツール」が注目されている。特に便利なものは、主要な操作指示が組み込まれたユーザーインタフェースを採用し、プロファイリングや管理、クレンジングなどのデータ操作を一般ユーザーでも容易に実行できるようにする。

 さらに、データサイエンティストや開発者などスキルを持つユーザーにとっても、コードアクセラレーターを通じて、処理速度や効率性、俊敏性の改善が行えるというメリットもある。ビッグデータに対するIT部門の負担を軽減し、その活用を促進するツールについて、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ665 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け