事例

株式会社ジャストシステム

各部門が把握しきれない不要データも一掃、東亞合成に学ぶファイルサーバ節約術

瞬間接着剤「アロンアルフア」で知られる東亞合成にとって、容量が増す一方のファイルサーバは大きな問題だった。そこで、同社は「明確な証拠」を基に各部門へ不要ファイルの確認を要求し、容量を大幅に削減した。同社が選んだ手法とは?

要約

 瞬間接着剤「アロンアルフア」で知られる東亞合成。同社のITインフラ構築を一手に担う情報システム部にとって、容量が増す一方のファイルサーバは頭の痛い問題だった。ユーザーの要望に応じる形でディスク容量の増設を続けていたが、その多くは不要なファイルによって消費されていた。

 何年も参照・更新した形跡のないファイル、いたずらに巨大化したファイル、重複/類似と思われるファイルが多数存在していたが、それらを本当に消去してしまってよいのかが分からない。そこで取り組んだのが、不要なファイルを特定するための証拠探しだ。

 同社は「明確な証拠」を基に、各事業部や各部門に不要ファイルのチェックを要求することにしたのだ。この取り組みの結果、ファイルサーバの容量は44%削減され、1000万円近い費用が見込まれていたディスク増設の必要もなくなったという。それでは、同社はどのような方法で、不要ファイルの可視化を実現したのだろうか。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ジャストシステム」に収集される
  • 「株式会社ジャストシステム」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ジャストシステム」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.18 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け