事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは

SUBARUの自動車運転支援システム「アイサイト」の開発では、ひたすら走って実験し、走行画像を記録することが繰り返される。この開発にブレークスルーをもたらしたのは、IBMのストレージ・テクノロジーで実現した膨大な画像データの統合管理システムだった。

要約

 「SUBARU」ブランドの自動車メーカーとしても知られるSUBARU(旧社名:富士重工業)が、1989年から開発を続ける運転支援システム「アイサイト」。世界で初めてといわれる“ステレオカメラのみによる運転支援”を可能としたのが、同社が独自開発したステレオ画像認識技術だ。

 運転時のさまざまな状況に対応するために、2つのカメラを使って対象物との距離を計測し、エンジンやブレーキなどを制御する。歩行者を0メートルの距離でも認識できるまで進化した背景には、ひたすら走って実験し、走行画像を記録することの繰り返しがあった。そうやって蓄積されたデータは、実に200万キロ分を超えるという。

 このシステムの開発でブレークスルーとなったのが「カメラの大容量画像データを管理するシステム」だった。IBMのストレージ・テクノロジーを採用して構築したこのシステムは、膨大なデータの中から必要なときに必要なものだけを短時間で取り出せるだけでなく、経済的な長期保管まで可能となっており、非常に参考となる。どのような方法を用いたのか。アイサイト開発の舞台裏となる、実験映像データ統合管理の取り組みを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ794 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け