レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法

コスト要件が厳しくてもITインフラには高い性能が求められている。予算の限られる中堅企業や、支社・支店の中規模ワークロードに超高速ストレージを採用する方法はあるか?

要約

 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。

 また、現実には企業規模を問わずあらゆる企業に「中規模ワークロード」が存在しており、中小企業における「中規模ワークロード」の機能や性能、効率性、信頼性、セキュリティといった諸条件は、大企業における「中規模ワークロード」と本質的な違いはない。予算上、コスト要件が厳しい、という一点を除いては。

 調査によると「中規模ワークロード」に最もハイレベルのサーバ仮想化が実施されており、相対するストレージに高い性能が求められている。「中規模ワークロード」に対応するミッドレンジストレージのシステム要件を整理し、予算が限られる場合でもエンタープライズクラスの機能を提供するストレージ構築のポイントを示す。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ405 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け