製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

徹底解説:今どきのストレージ選定、これまでと何が変わった?

ビジネスにおけるデータ活用の観点で、ストレージの存在感が増している。今日とこれからのITの推進で求められるストレージ要件を、フラッシュ・ストレージがどのように充たせるかをアナリストが徹底解説する。

要約

 テクノロジーがビジネスを変え、今や“データ”は通貨や金に匹敵する経済価値を持つ存在になった。その結果、ITインフラを用いたデータ活用で中心的役割を担うストレージの重要度が高まり、データを管理するだけでなく、ビジネス上の成果に直結するシステムの性能を左右する存在になっている。

 今日とこれからのITの推進において、モバイルコンピューティングやソーシャルメディアが生み出す「多様で大量の非構造化データ」のサポート、クラウドやアナリティクスが必要とする「優れたパフォーマンスのスケーラビリティ」と「超低遅延」の実現がストレージには求められる。データセキュリティ分析の観点でも、ストレージの高速性が不可欠だ。

 本コンテンツでは、変化したストレージの要件とフラッシュストレージが果たす役割について、Edison Groupのアナリストが徹底解説する。ストレージがこのような要件を満たすべき理由を確認するとともに、最適なストレージの条件を解き明かしてみよう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ563 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け