Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる?

最大80%ともいわれるデータ圧縮効果で、ストレージ高速化やCPUライセンス料金を削減するオールフラッシュストレージ。基幹系のシステム基盤に採用することで、運用コストを最適化する方法についてWebキャストで解説する。

要約

 オールフラッシュストレージが登場してから、多くの企業が本番系システムにも採用するようになってきた。しかし、オールフラッシュストレージは、パフォーマンス面で強みを有するものの、HDDやSSDに比べコストが割高といわれることが多いのも事実だ。

 本Webキャストは、そんなフラッシュストレージを上手に活用し、基幹系システムの運用コストを削減する方法を解説している。「リアルタイム圧縮によるデータ量削減」「それに伴うソフトウェアライセンスの削減」といった、コスト削減のカギを握るポイントを紹介している。

 特に、文字や数字の多い基幹系システムのデータに対する圧縮効果では、最大で80%もの圧縮効果が期待できるという。基幹系システムの運用コスト削減を検討する上で、ぜひ一度目を通しておきたい内容だ。どのように使うと、こうした効果が得られるのか。活用のコツについて詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間9分24秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け