事例

株式会社 TFF

光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで

光ファイバーネットワークが高速化・高密度化する中、認証試験の難易度が高まっている。特に重視すべきポイントが損失許容値の厳密な把握だ。本資料では認証試験の基礎知識から試験ツールの活用法までを詳しく解説する。

要約

 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下を防ぐべく光ファイバー認証試験もまた厳しくなっている。

 中でも重視すべきポイントが、光ファイバー配線に要求される損失許容値の把握だ。そのためには、再現性を確保した高確度測定はもちろん、光源の励振条件や基準値を厳密に設定する必要がある。さらに、試験のトラブル防止にはツールの適切な使い分けも欠かせない。

 本コンテンツは、こうした最新の規格・市場動向から光ファイバー認証試験まで、その基礎知識および試験ツールの活用法を網羅した実践的な参考書だ。損失測定のTier 1(基本)試験の他、補完的なTier 2(拡張)試験として推奨されるOTDR(光パルス試験器)の双方向試験といった重要技術も紹介されているので、光ファイバー配線のさらなるレベルアップに活用してほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/30
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間54ページ
ファイルサイズ4.09 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け