技術文書

株式会社 TFF

システム停止を防ぐ、高信頼性のLAN配線構築に必要なものとは?

50%以上がネットワーク問題の原因を占めるといわれるLAN配線。その課題を解消し、信頼性を獲得するにはネットワークの配線規格に則した認証試験が重要になる。本資料では構築から試験までを効率化するポイントを解説する。

要約

 システムのパフォーマンスにおいて、LAN配線などの物理層の重要性があらためて認識されつつある。実際、ネットワーク問題の過半数は配線に起因している。この物理層のトラブルを未然に防ぐには、ネットワーク構築時に伝送・配線規格に則したLAN配線の認証試験を行うことが重要だ。

 ただ、ネットワーク・インフラ技術の高度化とともに、配線インフラ技術も変化し続けているため、試験の高速性と複雑な認証プロセスの管理にも取り組まねばならない。そこで重要となるのが、認証試験全体を効率化するケーブルテスターの活用だ。

 本資料では、LAN配線の構築・試験において配慮すべきポイントと、最大40GbpsのイーサネットLAN配線に対応し、トラブルシューティング機能などを持つケーブルテスターの活用法を解説する。効果的で信頼性の高い情報配線ネットワークを実現する方法をぜひ確認してほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/30
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間46ページ
ファイルサイズ2.28 MB
対象業種製造、流通、情報通信
対象企業規模全企業規模向け