製品資料

アバー・インフォメーション株式会社

PC内蔵カメラの課題を解消、小規模会議室に最適な「ハドルルームカメラ」とは?

働き方の多様化に従い浸透してきたテレワーク。普段の簡単な打ち合わせや意見のすり合わせは情報通信機器を利用して行われる。そんな打ち合わせに便利なWebカメラの中でも、小規模会議室に最適な「ハドルルームカメラ」をご存じだろうか。

要約

 社会全体で「働き方改革」の議論が交わされる中、テレワークという勤労形態がよく聞かれるようになった。このような形態で働く労働者が、ノートPC内蔵カメラやWebカメラを使って行う、ちょっとした確認、意見のすり合わせの会議を「ハドルミーティング」と呼ぶ。

 しかし、PC内蔵カメラなどを利用してハドルミーティングを行うことに不満を持つユーザーは少なくない。その理由としては、解像度の不足や視野角の狭さ、カメラの向きを変える際の不便さなどが挙げられる。そこで、このような不満を解消するものとして登場したのが「ハドルルームカメラ」だ。

 鮮明な映像を得られる4K対応の製品や、会議室全体が映せるような広角レンズを備えた製品があるだけでなく、配線の簡略化、USB3.0 バスパワーへの対応、プラグアンドプレイによる自動認識など、ユーザーの負担を減らすさまざまな機能も備えている。本コンテンツでは、2〜8人程度の打合せを行う小規模会議室に最適なハドルルームカメラについて分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. .顧客企業への販売・SIサービスとして、Web会議システムを取り扱っていますか? (本コンテンツはシステムインテグレーター・IT関連販社企業向けのコンテンツです)(必須)
Q2. Q1で「取り扱っている」を選択した方にお聞きします。ユーザー企業に推奨しているWeb用カメラはありますか?(複数回答可)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ1.65 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け