製品資料

株式会社セゾン情報システムズ

意外と厄介な「スケジューラ増加」問題、Office 365やDynamics 365をどう連携?

社内にグループウェアやSFAなどのスケジューラが複数ある場合、データの自動同期を行わないと二重登録などのミスが多発する危険がある。しかし、ユーザーに負担の掛からないスケジュール連携の実現は、意外にハードルが高い。

要約

 近年は、多くの企業が「Office 365」のようなグループウェアに加え、SFAやCRMなどを積極的に活用している。しかし、幾つもの製品を導入し、社内で複数のスケジュール管理機能が使われるようになった結果、スケジュールの入力や確認の手間が増え、二重登録などのミスにつながるケースも少なくない。

 そこで必要となるのが、複数のスケジュールやToDoを同期できる連携機能だ。その実現には、スクラッチ開発とスケジュール同期ツールの導入の2つの方法があるが、いずれの方法にも課題は多い。スクラッチ開発の場合は設計フェーズの調査が大変となり、一般的な同期ツールの場合は連携先が増えるごとにクライアントに負担も大きくなる。

 このように意外と難しいスケジュール連携をどのように進めていけばよいのか。本コンテンツでは、スケジュール管理機能の連携における課題を解説し、利用者の負担をかけることのないツール導入のポイントを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/30
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ898 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け