事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果

顧客データの安全性が要求される銀行において、業務提携会社へのデータ提供は問題が伴う。顧客情報を預けず、行内のデータを安全で簡単に提供できるようするのが、外部へのAPI公開だ。他の業種でも応用が可能なこの手法を紹介する。

要約

 顧客情報の管理は、どの業種でも厳重に行われているが、中でも厳しい条件を課せられているのが金融業だ。昨今では業務提携により他社と連携した金融サービスが次々と生まれているが、他社に先行するには、より安全でスピーディーな開発がカギとなる。

 従来、提携企業が銀行の顧客情報を利用する際にはIDやパスワードといった重要なデータをエンドユーザーから預かり、必要な情報を引き出す「Webスクレイピング」などの手法が用いられていた。また、Webスクレイピングでは、銀行のWebサイトをリニューアルすると、データを取得する側もプログラムの変更が必要になるという弱点があった。

 これを解決するのが、銀行システムのAPIを外部から利用できるようにする手法だ。行内の業務担当者が使う画面やツールの改善なども、APIの公開によって実現できるため、スピードやコストの削減にもつながるという。住信SBIネット銀行の事例から、極めて高いセキュリティが要求される業務におけるAPI公開のポイントを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/06/28
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.56 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け