製品資料

Commvault Systems Japan

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則

災害復旧(DR)対策を導入したものの、災害が発生した後にすぐに復旧できるのか、確信が持てないケースも多い。実行可能で信頼性の高いDRを確立する方法を5つの原則で解き明かす。

要約

 災害復旧(DR)の戦略を立てても、バックアップの失敗やシステムの構成エラー、人的ミスなどが原因で、DRに失敗する場合がある。また、従来型のDR対策製品では、バックアップの自動化機能を売りにしているが、実際には、使用する環境がそれぞれ異なるため、「設定するだけで全て解決」とはならない。

 あるいは、DR対策のコストを抑えるため、最も重要なワークロードに対してのみ導入され、それ以外のワークロードが適切に保護されないケースも多い。統合されていない単一ソリューションの製品を組み合わせることで、ストレージ管理やデータ保護、トラブル対処といった業務ごとに管理画面を変える手間が掛かり、負担もさらに大きくなる。

 そこで、近年ではコスト効率が良く拡張性も高いクラウドをDRに利用するケースが増えている。本コンテンツでは、オンプレミス環境でもクラウド環境でも、データがどこにあってもデータを管理しバックアップできる製品を紹介するとともに、これらの課題を解決する具体的な方法を、5つの原則を中心に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ1.10 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け