製品資料

ソーラーウインズ・ジャパン株式会社

業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?

エンドユーザーから「業務アプリケーションがなんだか遅い」という問い合わせを受けた際、どのように原因を解明してトラブルに対処すればよいのか。ユーザーの実通信を分析し、原因を特定する方法を紹介する。

要約

 業務アプリケーションのレスポンスが悪くなると、ユーザーの不満を招くだけでなく、作業効率も大きく低下する。しかし、通信断がログによって証明できるのとは異なり、通信遅延の理由はログに出力されないため、ネットワーク管理部門とサーバ管理部門のどちらが取り組むべき課題なのか明らかにならないことも多い。

 まずは、PCの状態や設定を確認するというステップが基礎中の基礎だが、問題の有無は比較的簡単に切り分けられるだろう。問題の原因がPCではない場合、次のステップを対応すべき部門が、ネットワーク管理部門なのか、サーバ管理部門なのか、また、どちらの部門が主体となるべきか、曖昧なケースが多い。

 本コンテンツでは、ユーザーの実通信を分析し、アプリケーションの応答時間とネットワークの応答時間を数値化することで、通信遅延の原因を明らかにする方法を紹介する。QoE(Quality of Experience)によってユーザーの体感を数値化する仕組みや、ネットワーク管理部門とサーバ管理部門のそれぞれに提供されるツールなどを詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/23
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ4.39 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け