製品資料

株式会社電通国際情報サービス

IoTやAIのビジネス活用はどうすべき? 新たな価値づくりに必要な思考法

IoTやAIが注目されているが、自社での活用につまずく企業が少なくない。その失敗要因の多くは、技術ありきでIoTやAIに取り組んでいることにある。こうした失敗に陥ることなく、事業に新たな価値を創出するためのメソッドを紹介する。

要約

 IoTやAIを使って新たなビジネスモデルを創出しようとする企業は少なくないが、その多くが、どこから着手して良いか分からない状態で止まっていたり、検証の段階でつまずいたりしている。そもそもIoTやAIを使いどんな成果を得ようとするのかで、取り組み方も大きく異なってしまう。

 特にIoTやAIを使った事業革新や新規価値創出を目指す場合、失敗してしまう原因は、技術やツールを起点にアプローチを行っていることだ。この場合、まず現状の事業活動の中で使えそうなデータ取得を行い、収集したデータを使って価値創出を試みることになるが、結局は事業に役立つ成果が得られず失敗に終わることになる。

 ではどんなアプローチでIoTやAIを活用すべきなのか。そして得られたデータをどのように企画して、事業活用や新規事業へと現実化していけばよいのか。本コンテンツは、IoT・AIを活用した事業価値の創出において必要な思考法に加え、価値創出のためのメソッドについて、すぐに概要が理解できるシンプルな資料だ。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ834 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け