製品資料

インテル株式会社

通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ

通信サービスプロバイダーの間で注目が集まるネットワーク機能仮想化(NFV)。NFVの根幹となるテクノロジーや機能を解説するとともに、NFV環境のセキュリティとパフォーマンスを両立する方法を詳述する。

要約

 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。

 しかし、セキュリティゲートウェイに利用できる仮想化ソリューションは存在しているにもかかわらず、導入はそれほど広まってはいない。それは、ネットワーク要素については、スループット、レイテンシ、ジッタのパフォーマンなどが問題となるからだ。

 一方でセキュリティゲートウェイなどのNFVが通信サービスプロバイダーにもたらす主なメリットは、汎用サーバ上で複数のワークロードをホスティングでき、ピーク時間やリアルタイム要件に応じてサービスを動的に拡張・縮小できる点だ。

 本コンテンツでは、NFVの根幹となるテクノロジーや機能について詳述し、通信サービスプロバイダーにおける実稼働に向けたインテルの役割について説明する。また、通信サービスプロバイダーの製品導入をサポートするセキュリティゲートウェイのために必要となる技術を取り上げている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/09
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ1.05 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け