製品資料

インテル株式会社

激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?

VoLTE、VoWi-Fi、ユニファイドコミュニケーションなどのリッチメディアサービスに対応する、「仮想化IPマルチメディアサブシステム(vIMS)」とはどのようなものか? ネットワーク仮想化(NFV)に基づく技術概要とコスト削減効果を見ていこう。

要約

 Facebook、Google、Microsoftなどとの激しい競争によって、通信サービスプロバイダー(CoSP)は値下げ圧力にさらされている。場所や時間を問わないテレフォニーやメッセージングのサービスを従来の料金に比べてはるかに低い価格で提供しなければならない。また、コスト効果に優れたローミングサービスや、Wi-Fiオフロードの実現、レガシーの3G音声スペクトルの代わりとなるよりスペクトル効率の高いHSPAやLTEの導入なども求められている。

 本コンテンツでは、通信サービスプロバイダーがネットワーク仮想化(NFV)に基づく「仮想化IPマルチメディアサブシステム(vIMS)」によって、これらの課題にどのように対応できるかを詳しく解説する。通信業界にはソフトウェアベースのモデルを志向するネットワーク変革が起きており、専用ネットワークインフラからオープンソース、オープン標準テクノロジーに移行しつつある。NFV、SDNといった概念は通信サービスプロバイダーにどれほどの設備投資削減効果をもたらし、新サービス投入に貢献するのか? 詳しく見ていこう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/09
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ2.57 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け