技術文書

インテル株式会社

ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?

これまで専用機器で提供されていたネットワーク環境を、x86サーバ上の仮想マシンで動作するアプライアンスに移行するネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まる。パフォーマンスとコストを両立するために考慮すべき事項を解説する。

要約

 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作する仮想化ソフトウェアに移行することで、一元管理と動的なプロビジョニングを実現する。

 本コンテンツでは、仮想化されたネットワークインフラのパフォーマンスに関する概念と問題点を解説する。また、CSPがNFVを導入する上でパフォーマンスを綿密に把握し管理するために欠かせないツールを紹介する。

 複雑なネットワーク環境を変革するためには、ハードウェアとソフトウェア、およびその相互運用に対する新たな視点が必要になる。NFVのパフォーマンスを強化するためのツールやテクノロジーは多数用意されているため、仮想化環境でのデータパケットの処理方法、パフォーマンスを強化する方法を深く理解することが最適なNFVソリューション導入のために必要だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/09
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ674 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け