製品資料

楽天コミュニケーションズ株式会社

PHS終了にどう備える? 官公庁や大手企業も注目するセキュアBYODとは

ワークスタイル変革の推進、目前に迫ったPHSのサービス終了、相次ぐフィーチャーフォンの生産終了を背景に再注目されるBYOD(私物端末の業務利用)。低コストでセキュアな利用を可能とするサービスが登場し、導入が急速に進み始めている。

要約

 国を挙げてのワークスタイル変革の推進、目前に迫ったPHSのサービス終了、相次ぐフィーチャーフォンの生産終了を背景に再注目され始めたBYOD(私物端末の業務利用)。かつてはセキュリティなどの面から採用を断念する企業も多かったが、近年は、導入支援サービスも充実し、ダイバーシティやテレワークへの対応を目指す企業の間で導入が進んでいる。

 加えてセキュアな環境を実現するMAM(モバイルアプリケーション管理)も注目されている。これは、個人のデータとは切り離して、業務に必要なアプリケーションにだけ対策を施せるため、BYODを意識している企業から需要が高く、セキュアで快適なBYODを実現できる。

 今やBYODは、業務効率向上はもちろんコスト削減も容易に実現できることから、官公庁や大手企業・IT企業などを中心に導入実績を伸ばしている。本コンテンツでは、BYODの導入に必要な要素や、2000台の携帯端末を廃止しコストの大幅削減に成功したIT企業の事例、BYOD導入を支えるサービス(公私分計通話サービス、MAM)を紹介している。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/08
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ2.06 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業