事例

フリービット株式会社

「過酷な環境でも止まらない」、IoT機器のセキュリティと耐久性を両立する秘訣

大崎電気工業は、高齢化や人手不足に悩む農家のニーズに応えて、ビニールハウスの遠隔監視・自動制御システムを開発した。そこで課題となった、耐久性とセキュリティをどのように解決したのだろうか。

要約

 IoTは新たな製品やサービスにつながる可能性を持つが、活用する上でこれまでにない課題に直面することも多い。大崎電気工業は農家向けにビニールハウスの遠隔監視と機器の制御を行うシステムを開発したものの、ビニールハウス内の過酷な環境ではルーターが持たなかった。さらに機器を遠隔制御するには、SIMに固定IPを割り振る必要もある。

 これらを解決するために同社が注目したのが、高耐久性のIoTルーターと固定IPアドレスの割り当てが可能な高セキュリティSIMという組み合わせだった。ルーターはもともと太陽光発電などで利用されているもので屋外環境でも安定稼働する上、CPUやネットワークなどの自動復旧機能を備えており、現地に駆け付けなくともトラブルを解消できる。

 何より重要なセキュリティ面では、SIMにゲートウェイとしてUTM(統合脅威管理)製品が設置されており、不正プログラムの混入やIoTデバイスの乗っ取りを防ぐ仕組みだ。さらにインターネットVPNや閉域網にも対応しているため、よりセキュアな拠点間通信を実現できるという。IoTデバイスの可能性を広げるツールの機能を詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/08
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ339 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け