事例

レッドハット株式会社

1日がかりの作業が30分に 南洋理工大学が構築したハイブリッドクラウドの実力

世界の大学ランキングで上位に位置し、人気急上昇中であるシンガポールの南洋理工大学(NTU)は革新的なハイブリッドクラウドを構築した。この成果により、時間とコストの節減だけでなく、大幅なパフォーマンス改善を実現できたという。

要約

 若くて研究に力を入れているシンガポールの南洋理工大学(NTU)は人気急上昇中の大学だ。世界各地から学生が集まる同大学には、学部生と大学院生合わせて3800人が在籍している。NTUの研究者や学生は大規模コンピューティングプロジェクト用に、高性能のコンピューティング(HPC)リソースを必要としていた。

 そのためNTUでは多様な要件を満たすインフラを構築する必要があった。人手を介するプロビジョニングや承認プロセスの軽減、HPCにありがちな想定外のコンピューティング需要対処、学術研究用通信網の域内と外部クラウドに存在するリソースの統合管理など、求められる数多くの要件を満たすために、検討チームはある判断に至った。

 本コンテンツではNTUが多様な要件を満たすために選択したハイブリッドクラウドの構築の軌跡について解説。インフラの課題に対しどのように考え、何のソリューションを選択したのか。ハイブリッドクラウド導入の背景がよく分かる資料となっている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/08
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.87 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け