レポート

GNオーディオジャパン

ナレッジワーカーの生産性に「周囲の音」が及ぼす影響は?

ナレッジワーカーの労働生産性向上は、企業にとって大きな課題であり、業務ツール、オフィスレイアウトなどを工夫するといった取り組みが進められている。このナレッジワーカーの生産性について、「音」を軸とした調査レポートを紹介する。

要約

 多くのナレッジワーカーには、「一人で業務に集中したい場面」と「同僚などと意見を交換したい場面」の両方がある。そして、どちらの場面でも「音」が問題になることがある。例えば、集中したいときに、周囲から話しかけられたり、雑音で意識がそれてしまったりして、作業がはかどらなかったという経験をしたことのある人は多いはずだ。

 逆にディスカッションする場面では、電話会議やテレビ会議の音声が聞き取りづらかったりすると、音声品質が良好であれば不要だったはずの余計な時間を費やしてしまう。そのため、集中できる環境を維持するためには、さまざまな場面に合わせた音のコントロールが必要となる。

 本コンテンツは、組織におけるナレッジワーカーの生産性について、「音」を軸として調査・考察したレポートだ。それらの結果を解説しながら、生産性を向上させるためにどのような取り組みが企業に求められるかを考察し、提言を行っている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/05
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ2.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け