レポート

Veeam Software Japan 株式会社

徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?

仮想化技術やクラウドサービスの導入により企業の生産性が向上する一方で、システムの可用性への要求がさらに厳しいものとなりつつある。Forrester Consultingの調査から、可用性に対する重要課題を明らかにし、その解決の糸口を探る。

要約

 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへと変わったことも影響している。

 こうした傾向は、Forrester ConsultingがIT部門やビジネス部門の管理者を対象に行った調査で裏付けられている。多くの担当者が「可用性」を重視し、管理コストを最小化させながらダウンタイムの最小化を図ろうとしている。一方で、ビジネス部門の期待とIT部門の能力に乖離(かいり)があるなど課題も見えてきた。

 本コンテンツは調査結果とともに、企業の可用性に対する課題と、企業が24時間365日の常時活動を実現するために取り組むべき5つのポイントを明らかにしている。可用性確保に向けた取り組みの最前線を、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「Veeam Software Japan 株式会社」に収集される
  • 「Veeam Software Japan 株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「Veeam Software Japan 株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/06/05
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ447 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け