製品資料

ソフォス株式会社

「WannaCry」の分析から見えてきたランサムウェア対策のベストプラクティス

世界中で大きな問題となったランサムウェア「WannaCry」。攻撃者が手にした身代金は3日間で5万ドルを超えたともいわれているが、被害が急速に広がったのはなぜか。発生直後からの分析レポートと、対策のベストプラクティスを紹介する。

要約

 被害が世界中で一挙に広がったことで、大きな話題となったランサムウェア「WannaCry」。暗号化されてしまったデータの“身代金”として振り込まれた額は、わずか3日間で5万ドルを超えたという。攻撃者が高度な技術を利用できた背景には、米国家安全保障局(NSA)から盗み出された技術があったともいわれている。

 WannaCryが急速に広がった要因としては、「ワームとしてネットワーク全体に拡散させる機能を持っていたこと」「多くの企業でOSの定期更新が実行されていなかったこと」「サポートの終わったOSが広く利用されていたこと」だと分析されている。

 本コンテンツは、こうした「WannaCry」の実態を発生直後から分析した資料だ。ランサムウェアからシステムを守るための「9つのベストプラクティス」も紹介されているため、今後の対策強化の参考としてもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/02
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ1.55 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模SOHO