製品資料

NTTテクノクロス株式会社

自社に最適なWAFをどう見つける? 導入を成功させる3つのポイント

DDoS攻撃が拡大を続けるなか、企業にとってWebサイトを保護することが大きな課題となっている。効果的かつ効率的に活用できるWAFを導入するためには、どうすればよいのか。WAF選びの3つのポイントを解説する。

要約

 DDoS攻撃の拡大など、Webサイトへの脅威が増している現在、Webサイトを保護するWAF(Web Application Firewall)は企業に必須のセキュリティ対策となっている。

 ただしWAFには多種多様な製品が存在する。Webのセキュリティを担当する情報システム部門にとっては、自社サイトに適したWAFをどう選択するのかが重要な課題になり、常々頭を悩ませていることだろう。効果的かつ効率的に活用できるWAFを選択するには、どうすればよいのだろうか。

 安くても効果がないWAFを導入しては意味がない。かといって、高くても使い切れない過剰な機能ばかりであっても意味はない。なぜなら、各企業がもつWebサイトの特徴によって必要となる対策は異なるからだ。

 本コンテンツでは、自社に最適なWAFを見つけるためのポイントを3つに絞って解説。また導入について迷いのある担当者のために、アプライアンス型とほぼ同等の機能を備えながら、パッケージ型に比べ運用負担が小さいクラウド型WAFについて、その機能や導入効果を分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ998 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け