レポート

日本ラドウェア株式会社

サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク

毎日サイバー攻撃を受ける企業が13%も存在するなど、企業を襲うサイバー攻撃は日常的なものとなっている。その手法は、IoTボットネットやSSLベースのDDoS攻撃など進化・多様化する一方だ。企業調査から2017年のサイバーリスクを探る。

要約

 国内外の約600社を対象に行った調査によると、2016年にサイバー攻撃を経験した企業は98%にも上るという。さらに毎日攻撃を受ける企業は13%に及んでおり、日常的にサイバー攻撃にさらされている現状も明らかになった。

 サイバー攻撃の41%が身代金要求を目的としており、ますますビジネス化している。手法も急速に進化しており、IoTボットネットによる1Tbps級の攻撃や、SSLを利用した攻撃などが台頭してきている。特にIoTボットネットはサイバー犯罪者のコスト削減にもつながっており、その対策は急務だ。

 このように進化し続ける脅威に対し、企業はどのように対応すべきだろうか。本レポートでは、調査結果からサイバー攻撃の動向と企業の防御体制を分析するとともに、2017年に発生が予測される4つのサイバーリスクについて解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/25
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間56ページ
ファイルサイズ5.92 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け