製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値

急速に変化するビジネス環境に迅速に対応するため、「Node.js」「Docker」などのOSSの活用が進んでいる。しかし、データを活用して新たな価値を生み出すためには、これらのツールを動かすITインフラも重要となる。

要約

 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。

 Dockerで柔軟性の高いシステム運用基盤を整備し、Node.jsでフロントヤードのアプリケーション実行環境を構築し、Sparkで価値ある情報を見つけ出す、といったアプローチが、変化に対応しやすいIT環境の1つの形として既に定着しつつある。しかし、データ活用を進めるためには、これらのツールを動かすITインフラも重要となる。

 それでは、ビジネスの変化によるシステムの負荷増大、高度化を続けるサイバー攻撃などに対応し、従来の環境で課題とされたサーバの分散状況を解消するためには、どのようなITインフラを選べばよいのだろうか。本コンテンツでは、OSS活用の最前線を解説するとともに、新たなビジネスを生み出す次世代ITインフラを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ575 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け