製品資料

ニュータニックス・ジャパン合同会社

データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」

データセンターに仮想化技術を導入することは今や一般的だが、まだレガシーな仮想化技術が残っている企業も少なくない。このような仮想化環境を見直すことで、データセンターはどのような恩恵を得られるのだろうか。

要約

 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要があるなど、運用・管理には依然として複雑さが伴う。

 そこで、近年は、セキュリティや経済性の観点からデータセンターにおける仮想化の在り方を見直す動きが見られる。中でも注目されるのが、ハイパーバイザーとインフラを一体化したハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。

 この環境では、VMの導入、クローニング、保護といった機能を個別に導入する必要がなく、インフラを意識せずにメリットが享受できる。本コンテンツでは、HCIを導入することで得られる、シンプル性や拡張性、セキュリティといった8つの効果を解説する。データセンターの仮想化環境を変革したいなら、この資料を参考にしてほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ649 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け