レポート

トレンドマイクロ株式会社

新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版

国内における標的型サイバー攻撃は、巧妙化と高度化を続けている。標的型メールのだましの手口がさらに巧妙化し、また侵入時と内部活動時に巧妙な手法を用いる遠隔操作型ウイルスが新たに確認された。分析レポートで対策の手掛かりを探る。

要約

 トレンドマイクロは、2016年の1年間に日本国内で観測された標的型サイバー攻撃の分析から、攻撃手法を明らからにし、対策に関する考察をまとめた「国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版」を公開した。

 国内における標的型サイバー攻撃は、巧妙化と高度化を続けている。国内で確認された標的型メールでは、「受信者の組織を偽装したなりすましメールではないか」という名目で、添付ファイルを開かせようとする「なりすまし確認の偽装」の手口などが確認された。従業員にメールを開かせるため、ソーシャルエンジニアリングの手法をさらに巧妙化させているのだ。

 このほか、2016には、侵入時と内部活動時に、従来多く見られた実行形式のファイルを利用しない「ファイルレス」の攻撃を行う新たな遠隔操作型ウイルスや、国内法人向けアプリケーションの脆弱性をついた侵入事例など、警戒すべき手口が複数確認されている。

 このように、本コンテンツでは、2016年1年間の標的型サイバー攻撃の分析から警戒すべき点を明らかにし、有効な対策を解説する。水面下で続く標的型サイバー攻撃への自社の対策の手掛かりとされたい。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/18
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間36ページ
ファイルサイズ2.23 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け