レポート

SAS Institute Japan株式会社

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査

製造業はIoTに前向きな企業が多い業種の1つだ。では実際にどのような状況で、今後はどのように展開されていくのか。また、競合の動向が気になる企業も多いだろう。業界の経営幹部から多数の声を集めた調査結果を解説する。

要約

 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。

 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納入した製品の稼働状況を把握することで予防保守や製品改良につなげるなどの効果が期待され、導入状況や今後の計画についての調査もされた。

 本レポートでは、さまざまな分野の製造業にヒアリングし、回答者の約7割が経営幹部レベルかその直属のマネジャーであるという調査結果を詳しく解説する。IoTが重要なトレンドであると認識しながらも、実際の経営戦略とのギャップがどれだけあるのか、業界の動向と自社の立ち位置を知る有用な資料になるだろう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/05/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ1.61 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け