Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」

2013年に初めてオールフラッシュを導入したという楽天だが、現在では12アレイがプライベートクラウドで稼働しているという。その導入過程で得られたメリットとデメリットを具体的なデータとともに紹介する。

要約

 設立から20年を迎えた楽天。そのプライベートクラウドは、一部を除いて仮想化され、物理ホストは900台以上、仮想マシンも2万7000を超えている。オールフラッシュの導入が開始されたのは2013年で、現在では12アレイが稼働しているという。

 本Webキャストでは、この楽天におけるI/Oパフォーマンスやコスト、マイグレーションなど、オールフラッシュのメリットとデメリットを具体的なデータを基に紹介する。どれだけのストレージサイズがあるのか、OS環境やIaaS活用の状況など、担当者自らがその実態を語っている。

 また、オールフラッシュ化する際の課題や、PoC(概念実証)のポイントと重要性、コントローラー障害時や重複排除機能を利用した場合の性能劣化などにも言及されており、ストレージのオールフラッシュ化を具体的に検討しているのであれば、ぜひ見ておきたい内容である。詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/28
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間53分50秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け