レポート

ソフトバンク コマース&サービス株式会社

「Office 2007」延長サポート終了にどう備える? 知っておきたい3つの確認事項

サポート期限が2017年10月に迫った「Office 2007」。サポート切れしたOfficeを使う事で企業にリスクはあるのだろうか。またバージョンアップの際に注意すべき点とは? サポート終了によるリスクや、円滑な移行のためのポイントを紹介する。

要約

 「Office 2007」は、2017年10月に延長サポート期間が終了となり、セキュリティ更新プログラムや有償サポートなどが受けられなくなる。サポート終了後の利用はセキュリティ上の大きなリスクとなることから、この機会にバージョンアップを図る企業が増えているが、移行には問題を伴うこともある。

 それは、バージョン間の互換性の問題だ。バージョン2007以降、描画エンジンなどが変更されているため、古いバージョンで作成されたファイルの図形やグラフの表示がズレたり、マクロが有効に機能しなかったりする可能性もある。そのため、移行に際しては、現在利用しているファイルを洗い出した上で、慎重に実施する必要がある。

 本コンテンツではOffice 2007サポート終了後も利用を継続した場合のリスクや、円滑な移行のために注意したい3つのポイントを解説する。
 

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/28
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ992 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け