レポート

KDDI株式会社

複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?

Microsoftの「Microsoft Office」には、多くのエディションが用意されている。そのため、エディションを選ぶ場合、重視するものを見極めることが何よりも重要だ。

要約

 「Microsoft Office」のライセンスには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されている。Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCやMac対応エディションの簡易版だ。Officeは、パッケージ版Office「Office 2016」で永続的ライセンスを購入することも、クラウド版のOffice「Office 365」サブスクリプションの一環として利用することもできる。

 何が必要で、何が不要なのか。重視する機能を見極めて、適切なライセンスを選ぶ手助けにしてほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「KDDI株式会社」に収集される
  • 「KDDI株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「KDDI株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ248 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け