事例

日本シノプシス合同会社

テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ

ソフトウェア開発において、業務効率やリリース頻度、成果物の品質は、常に重大な課題だ。アジャイルはこれを改善・向上させる効果が高いと期待されるが、さらに効果を高めるためテスト工程に新ツールを導入した事例を紹介する。

要約

 ウォーターフォール型プロセスに比べて、小規模な改良を高い頻度で行うアジャイル開発プロセスは、多くのソフトウェア開発現場で取り入れられつつある。特にクラウドやモバイルのアプリケーションなど競争が激しい分野での採用が顕著だ。

 アジャイル化は、ソフトウェアの開発から展開まで一連のプロセスを刷新して、全体の期間を短縮させる効果がある。しかし、そのためには各工程の作業効率を高めることが欠かせない。その1つにテスト工程がある。アジャイルの高頻度なテスト施行を十分にこなすため、解析ツールには何が求められるのか。

 本コンテンツでは、クラウドアプリケーションを提供するSaaSプロバイダーの事例を紹介する。本番環境に不具合がリリースされるリスクを最小化しながら、生産性の向上と開発コスト削減を目指すために何に取り組んだのか。同社の成功事例から、効率化のポイントを探る。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ515 KB
対象業種製造、流通、情報通信
対象企業規模大企業