事例

株式会社ジャストシステム

利用方法を変えずにファイルサーバを可視化、ソニー損保が選んだ管理ツールとは

増え続けるデータの抑制やファイルサーバの効率的な管理・運用は、企業のシステム部門が抱える課題の1つだ。ソニー損害保険も毎月10GBペースで増えるデータに悩まされていた。そこで同社が導入したのが使用状況を可視化する管理ツールだ。

要約

 ファイルサーバの効率的な管理・運用はどこの企業にも付き物の課題だ。ソニー損害保険では、業務で扱うさまざまなドキュメントをファイルサーバ上に保存し、各部門で個別に管理してきた。しかし、毎月10GBのペースでデータ容量が増加しており、高頻度でサーバの整理をする必要があるなど容量が窮迫していた。

 単にデータ容量に合わせてストレージを拡張するのでは際限がない。そこで同社が導入したのが、放置されたまま更新されていないファイルを容易に検出できるファイルサーバ管理ツールだ。使用状況をグラフなどで可視化できるほか、従来の利用方法や操作性を変えることなく利用できる点が魅力だった。

 約1カ月という短期間で構築された管理ツールは管理負荷を軽減し、ファイルサーバ全体の定期的なチェック・整理を可能にした。さらに、不要ファイルの整理が容易になったことによるデータ容量の圧縮効果も大きいという。その詳細を詳しく見ていこう。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ジャストシステム」に収集される
  • 「株式会社ジャストシステム」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ジャストシステム」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/20
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ383 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け