事例

株式会社ジャストシステム

容量のムダを排除して運用を効率化、ファイルサーバの可視化とは?

業務関連データの容量増加で問題となるのは、ストレージへの過剰投資である。これを防ぐための施策として注目されるのが「ファイルサーバの可視化」だ。これまでのやり方を変更することなく可視化を実現する方法はあるのだろうか。

要約

 業務関連データの容量増加に対応するため、多くの企業ではストレージ容量を前倒しで追加し、業務に支障を来さないように備えている。ただ、そのために過剰投資と判断される状況が慢性化し、新たな課題として浮上してきている。

 こうした課題を解決するためには、ファイルサーバの可視化が有効だ。ファイルサーバの使用状況を簡単に確認して、運用が効率化することで、ストレージへの投資タイミングを正確に判断できるからだ。ただし、そうした可視化ソリューションの導入のために、多額の投資が必要となったり、サーバの利用方法が大幅に変更するといった事態は避けたいところだ。

 本ホワイトペーパーは、利用形態と操作方法を変更せずに、ファイルサーバの運用を効率化できるツールを導入した保険会社の事例を紹介したものだ。手動で調べていたファイルサーバの使用状況が、管理画面のグラフによって一目で判断できるなどのメリットが示されている。IT部門の管理負荷を増加させずにストレージ投資を最小限にする施策として、チェックしておくべき事例である。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ジャストシステム」に収集される
  • 「株式会社ジャストシステム」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ジャストシステム」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/20
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ383 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け