事例

日本マイクロソフト株式会社

中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着

かつて50代以上の従業員が7割以上という高齢化に悩んでいた日本綜合経営協会。同社は「Office 365」導入を核とした取り組みで、若く優秀な従業員が定着する就業環境を構築したという。その秘訣は何だったのか。

要約

 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざまなライフステージに対応できる就業環境の構築が必要だ。

 しかし、講師の全情報を社内サーバで管理しているほか、共有すべき講師のスケジュールも紙ベースで回覧しているなど、その環境は社内勤務を前提としたものだった。そこで同社が注目したのが、講師情報の管理、メール、スケジュール管理などに必要な機能を備えた「Office 365」だ。

 社外からも安全にアクセスできるOffice 365の導入と合わせて働き方改革を推進した結果、これまで社内に制限されていた業務のほとんどが場所を問わずに行えるようになったという。同社がどのようにして、若く優秀な人材が定着する就業環境を構築したのか、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 今後マイクロソフトより、最新の製品情報や各種セミナーのご案内など、有益な情報をお届けするための連絡方法をお選びください。(必須)
Q2. 本記事を閲覧する目的は何ですか?(必須)
Q3. IT(情報技術)へのお客様自身の関わり方として当てはまるものをお聞かせ下さい。(必須)
Q4. お客様の社内における立場 / 役割についてお聞かせ下さい。(近いものを1つだけお選び下さい)(必須)
Q5. ソリューションや製品 /サービスの「導入決定」に関するお立場をお伺いします。(必須)
Q6. 本記事に関連するテーマ/製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q7. 今回ご紹介したソリューションや製品/ サービスを導入するための「ご予算」についてお伺いします。(必須)
Q8. 閲覧に際し、下記の「個人情報の取り扱いに関して」をご確認ください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して
マイクロソフトにおける個人情報の取り扱いについて(以下「本取り扱い」)、必ずご確認ください。収集させていただくお客さまの個人情報の利用目的、管理、運用についてご説明しています。詳細につきましては、弊社ホームページでご覧いただけます。

※今回のダウンロードコンテンツに関しまして、ご感想や今後のリクエストをお伺いするために、日本マイクロソフトからお電話をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

コンテンツ情報

公開日2017/04/19
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ2.67 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け