製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境のバックアップ構築、企業規模に合わせてコスト・災害対策を最適化

災害の多い日本では、データのバックアップが欠かせない。しかし、仮想化環境のバックアップに対しては、導入コストなどの問題から後ろ向きな企業も多い。そこで仮想化環境のバックアップ構築を支援するサービスが注目されている。

要約

 ビジネスの根幹までIT化が進み企業規模を問わず、データ管理やバックアップが必須となってきている。しかし多くの企業が導入している仮想化環境では、バックアップやリストアに手間と時間がかかるだけでなく、バックアップデータの長期保管にも課題がある。

 その解決法として、テープによるデータバックアップの需要もあるが、機器の維持管理のハードルは決して低くはない。また企業の規模や仮想化環境の構成によって、最適なバックアップ運用が異なる点も、災害復旧対策などを難しくしている。

 そこで注目されているのが、小規模環境から大規模環境まで幅広く対応した仮想化環境バックアップ構築サービスだ。聞き取り調査によって仮想化環境の問題点を洗い出し、自社環境に最適なバックアップ方式を提案。さらに、各機器やソフトウェアの導入・設定までをサポートする。本コンテンツでは、このサービスの詳細を分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「東京エレクトロン デバイス株式会社」に収集される
  • 「東京エレクトロン デバイス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「東京エレクトロン デバイス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/20
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ396 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け