レポート

KDDI株式会社

「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LAN アクセスポイントの選び方を紹介する本記事では、家庭用製品との違いと、特徴となる機能をチェックしていく。

要約

 今やすっかり一般的な通信方式となった無線LAN(Wi-Fi)。SOHOや中小企業で無線LANを導入する場合、オフィス内をフリーアドレス制にするといったケースや、商談ルームやラウンジなど来客用に限定して無線LANを開放するといったケースなど、その目的はさまざまだろう。その際、導入すべき無線LANアクセスポイントはどのように選ぶべきなのだろうか。また家庭用の無線LANアクセスポイントとの違いは一体何だろうか。

 本稿では家庭用と法人用の無線LANアクセスポイントの機能の違いや法人用を選ぶ際に重要なポイントと、「セパレータ機能」や「ロードバランス機能」「PoE」など知っておくべきキーワードを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ483 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け