レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

オンラインショップの半数に脆弱性あり? カード情報流出の可能性も

Webサイトの脆弱性を放置したままだと、運営企業だけでなく顧客に甚大な被害を及ぼす可能性がある。生活に身近な存在であるほど、その影響は大きい。オンラインショップを例に脅威の現状と対策を探る。

要約

 オンラインショッピングやオンラインバンキングなどWebサイトを活用したオンラインビジネスの普及につれて、そのセキュリティ対策の重要性も自ずと高まっている。Webサイトの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用した攻撃が相次いで明るみに出る中、Webサイトに適切なセキュリティ対策を施さなければ、顧客や自社のビジネスを守ることが難しくなっているからだ。

 こうした状況を踏まえると、オンラインビジネスを手掛ける企業であれば、当然ながら厳密なセキュリティ対策を進めているはずだと考える人が多いだろう。だが実際には、脆弱性を放置した状態のWebサイトは多い。顧客のカード情報流出につながるような高リスクな脆弱性を抱えたまま運営されているWebサイトも、少なからずあるという。

 Webサイトの脆弱性は、なぜなくならないのか。企業はどのような対策を進めるべきなのか。TechTargetジャパンの関連記事を再編集した本資料では、Webサイトの運営側、ユーザー側それぞれの視点に立って、Webサイトを取り巻く脅威の現状と対策を考える。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. SSLサーバ証明書/WAF/セキュリティ診断の導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q2. SSLサーバ証明書の導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q3. Webサイト/Webサーバのリニューアル予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q4. WAF/セキュリティ診断の導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」に収集される
  • 「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ457 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け