Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

SSDにはHDDとの互換性を維持するための制限がある。それがRAIDの可用性向上の限界要因となり、フラッシュストレージの能力を十分に発揮できなくなっている。その解決手段としてフラッシュチップを2次元に配置した、フラッシュストレージについて解説する。

要約

 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。

 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されているが、その中の1基が壊れると全損扱いとなる。同時並行的な転送が可能なフラッシュチップの特性を考えれば、残存した正常なチップは使えるはずだが、HDDとの互換性を維持するためにこうした挙動をする仕様となっている。このことがRAIDの可用性向上の限界要因となっている。

 本Webキャストでは、縦横方向に並べたフラッシュチップで構築された「2次元RAID」を採用したフラッシュストレージについて解説している。非SSDのフラッシュストレージではHDDと同じ挙動をする必要がなく、HDDやSSDでは不可能な縦横「2次元方向」のRAIDを構築でき、高い可用性が担保される。また、ESGの調査では、この方式のオールフラッシュストレージはHDDと比べても非常に高い耐久性を持つという。具体的な機能優位性について、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間8分23秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け