レポート

ベリタステクノロジーズ合同会社

パブリッククラウドの契約書で絶対に確認したい“データ保存”の落とし穴

重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることも多いパブリッククラウド。契約書を精査した上で、クラウドプロバイダーと十分な交渉ができなければ、データ保存などの面で失敗する可能性がある。

要約

 近年、ビジネスのあらゆる面で活用されるようになったパブリッククラウドサービス。重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることが多いが、中には自社の要件と契約内容が一致しないまま契約に至るケースが見られる。

 パブリッククラウドの導入に際して、契約書に書かれた大量の法律用語を読み飛ばし、深く考えずにサインする担当者は少なくないが、実際には、こういった部分にこそクラウド運用の落とし穴がある。当然、契約書を精査していなければ、クラウドプロバイダーと交渉するという発想も生まれない。

 そんな状況を脱するために、担当者が今すぐすべきこととは何か? 本コンテンツでは、クラウドプロバイダーと実務レベルの作業を進める上で確実に押さえておきたい3つの重要ポイントが短時間で分かるシンプルな資料だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ648 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け